不動産担保型住宅ローン

Posted in 抵当権 on 8月 25th, 2013 by blogger – コメントは受け付けていません。

人生で最も大きな買い物といえば?多くの人にとってそれは「住宅」だと思います。

住宅購入資金を一括で賄える人は少ないですから、住宅購入時には殆どの人が住宅ローンを利用します。

住宅ローンとは、住宅を購入するためのお金を借りる事です。

住宅ローンを利用するには様々な貸出条件があります。

基本的には、借り手に安定した収入があること、信用保証会社に連帯保証を承諾してもらうこと、債務保証委託契約を締結されること、以上の3点は全ての住宅ローンに共通する条件と言えるでしょう。

そして購入する不動産の登記には金融機関や保証会社による、第一位の抵当権が設定されます。

所謂不動産担保です。

不動産担保型の住宅ローンは、自分の住宅を担保に供出する訳ですから、万一、返済が滞ると、担保となった住宅を差し押さえ、売却されることもあります。

ですから、住宅ローンを利用する際には、今後のライフサイクルや収入を的確に予測することが重要です。

Comments are closed.