家族葬という葬儀の時の喪主の役目

家族葬という葬儀の形が増えましたが、その場合の喪主の役目についてまとめています。参列者を決めることができるのが違いです。

家族葬という葬儀の時の喪主の役目

最近は家族葬という葬儀の形式を選ぶ人が増えました。

私の両親も、「家族葬にして」と言っています。

(まだまだ先だと思うのですが)そんな家族葬でも、喪主を決めないといけないのか、喪主はどんなことをしなくてはいけないのかを調べてみました。

《家族葬で喪主がすることとは》

遺体の搬送先や葬儀を行う場所、僧侶や参列者への連絡は普通の葬儀と変わりません。

しかし、家族葬の場合は参列者を事前に喪主が決定することができます。

そうすることで参列者の人数がはっきりし、ゆっくりと故人とのお別れの時間を過ごすことができます。

家族葬の場合、家族、親族と特に親しかった人くらいまでを参列者にするようです。

(決まりはありません)お通夜が始まったら、喪主は故人のそばにつき、弔問を受けるようにします。

あちこちうろうろして挨拶に行くのは控えましょう。

《家族葬での喪主のマナーについて》

喪主は一般の葬儀でも訃報を知らせる役目がありますが、家族葬の場合、訃報を知らせる際に「家族葬であること」を明確にしておくことが大切です。

基本的に家族葬では参列をお願いする人のみに訃報を送ります。

それ以外の人には葬儀後、家族葬にて見送ったことをお知らせするようにします。

《家族葬で大切なこと》

家族葬を行うにあたり、喪主としてきちんと行いたいことは、訃報を伝える際に家族葬であることを明記すること、弔問客への対応は丁寧に、簡潔にすることです。

また、家族葬では喪主の服装は準喪服(ブラックフォーマルスーツなど)にする人がほとんどです。

正喪服(和装)を着ることはあまりないようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加