葬儀での喪主の挨拶をうまく行うコツとは?どんなことに注意する?

葬儀では喪主の挨拶があります。うまく行うコツと注意するべきことをまとめています。自分の言葉でうまく言えると良いですね。

葬儀での喪主の挨拶をうまく行うコツとは?どんなことに注意する?

葬儀で喪主をすることになったら、あれこれ通夜、葬儀の段取りもしなければいけないし弔問客の対応もしなければいけません。

そしてさらに葬儀の最後に喪主の挨拶があります。

それがうまくいくだろうかと気を揉むこともあるようですね。

◎気になる記事:樹木希林さん告別式 内田也哉子の喪主代理挨拶全文掲載

《喪主の挨拶はいつ行うもの?》

喪主の挨拶が行われるタイミングはいくつかあって、一つ目は通夜の読経が終わった後や通夜ぶるまいの前です。

二つ目は葬儀の最中か閉式の時です。

そして三つ目は四十九日の精進落としの時です。

あまり長くなり過ぎず、自分の言葉で述べられると良いですね。

《挨拶のポイントとは》

大勢の前で話すことに慣れている人はほとんどいませんよね。

ですから上手に話そうと頑張り過ぎなくても大丈夫です。

短すぎず、長すぎずが理想的です。

挨拶はすべて暗記する必要はなく、紙を見ながらでも構いません。

挨拶の内容は、自己紹介、弔問のお礼、生前のお礼、故人のエピソード、今後のお願いです。

例文を参考にしながら考え、故人のエピソードでは自分の言葉を伝えるようにすれば良いです。

《挨拶で注意すること》

喪主の挨拶で注意したいのは、「忌み言葉」を避けることです。

例えば「迷う」「浮かばれない」「重ね重ね」「ますます」「再び」「死ぬ」「生存」「急死」などです。

今は昔ほど忌み言葉について言われることはないのですが、喪主として挨拶する場合はこういったマナーも知っておきたいですね。

今はインターネットでも調べることができますし、こういったことに詳しい人が近くにいれば聞いてみるのも良いことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加